5a8ced9490dd6.jpg

Awesome City Club

atagi (Vocal/Guitar)    

PORIN (Vocal/Synthesizer) 「yarden」

モリシー (Guitar/Synthesizer)    

マツザカタクミ (Bass/Synthesizer/Rap)

ユキエ (Drums)    

2013年春、それぞれ別のバンドで活動していたatagi、モリシー、マツザカタクミ、ユキエにより結成。2014年4月、サポートメンバーだったPORINが正式加入して現在のメンバーとなる。メンバーそれぞれの多種多様な音楽的ルーツをMIXした、男女ツインヴォーカルの男女混成5人組。
2015年、ビクターエンタテインメント内に設立された新レーベル「CONNECTONE(コネクトーン)」より、第一弾新人として デビュー。2015年4月8日にファーストアルバム「Awesome City Tracks」をリリースし、iTunesロックチャートで1位を獲得する など話題を呼んだ。デビューから“Awesome City Tracks”シリーズとしてコンスタントに2年間で4枚のアルバムをリリース、 2017年にはベストアルバムを発表。2018年3月にバンドの新章幕開けとなるEP「TORSO」をリリース、その後立て続けに 配信シングル3作を発表し、いよいよ満を持して12月19日に1stフルアルバム「Catch The One」をリリースする!
様々なジャンルでクリエイターやファッションブランド等とのコラボレーションも積極的に行い、PORINは自身がブランドディレクターを務める「yarden」を立ち上げる等、バンド・個人共にカルチャーとしても注目を集める存在となっており、2020年にはACC主催のカルチャーフェスの開催を目標に掲げている。
https://www.awesomecityclub.com/

UBIETY.jpg

NOT WONK

vocal guitar / shuhei kato

bass / kohei fujii

drums / akim chan

2015年、平均年齢19歳でのデビューから驚異的なスピードで音楽的な進化をしてきたNOT WONK。
2016年の2ndアルバム『This Ordinary』から3年、歴史を塗り替える可能性を秘めた3rd アルバム『Down the Valley』 がついに完成!
これまで元銀杏BOYZの安孫子真哉がプロデューサーを務めるキリキリヴィラから2枚のアルバムをリリース。
北海道、苫小牧を拠点に活動、週末ごとに全国各地でライブ・ツアーを展開しインディー・ロック、パンク・シーンを刷新してきたNOT WONK。2018年にはFuji Rock 2018、りんご音楽祭、BAYCAMPなど確実にステージを上げ、その音楽性もより多彩なものとなる。
当初からの90年代のパンク、インディ・ロックの影響を濃厚に受け継ぎながら、ブラック・ミュージックの要素も取り入れ始めたサウンドは、このアルバムでより大きなスケールへと飛躍した。
20代前半を北海道で暮らす3人。その目線から広く問いかけるメッセージは現在進行形のロックミュージックを媒介して、2019年、今リアリティーを持つ。彼らが愛するあらゆる音楽の文脈を受け継ぎながらいまの時代に鳴らす音楽を受け止めてほしい。
https://notwonk.jimdo.com/